2010年08月25日

高野山の山奥に山籠りしてきた その4

清流の中では、あまごやニジマスが泳いでいて、深みの辺りをしばらく眺めてるとぴょんぴょん跳ねています。

まるで鮭の遡上のような感じ。

さすがに、成魚のあまごは捕まえる事はできませんが、稚魚のあまごは浅瀬にいる事もあって、動きも鈍く、子供たちが必死になって追いかけると、まぐれで捕まえる事もでき、いい遊び相手になってくれました。

IMG_1843.JPG


IMG_1844.JPG



ちなみに、キャンプ場の真向かいには、20年以上前に廃校になった、本当に小さな小学校があります。
グラウンドは、直線距離で50mもないような学校ですが、固く閉ざされた玄関ドアを見に行くと、どこか胸が痛くなるような、寂しい思いを感じさせてくれます。

これぞ田舎の醍醐味・・・。

IMG_1810.JPG



ところでこの小学校ですが、夜通し一つの教室が薄ぼんやりと電気がついていました。
うちの家族だけでなく、周りの家族も気になったようで、懐中電灯を持って、夜中に薄ぼんやりと電燈がついている窓をしきりに照らし、別のご家族は大胆にも校舎の真下まで行かれていました。

翌朝その教室を望遠で撮影すると・・・
うーん、やっぱり何かがついてる(^_^;)

IMG_1859.JPG



まあ、余り気にせずにキャンプを楽しみましょう・・・
(;^_^A アセアセ・・・

たっぷり遊んだ後は、美味しいバーベキューです。
川のせせらぎが聞こえる、甘い風が吹きわたる田舎のバンガローでのバーベキューは、本当に普段の仕事の疲れを癒してくれます。

炭の火起こしは、キャンプ慣れしてるので余裕のよっちゃんです

IMG_1867.JPG



バーベキューの後は、キャンプ定番の花火を。。

IMG_1898.JPG


ちなみに帰宅後、宿泊のお礼を兼ねてキャンプ場にメールでお礼を入れたついでに、「小学校の電気がつけっぱなしのようです。消さすのをお忘れでは?」とお伝えしました。

小学校はもちろん村立なのですが、実は今回お世話になったキャンプ場も村立で、管理をしている近くのホテルも村営のホテルなのです。
ですから、ホテルにお伝えすれば、無駄のないように役場で対応させるだろうと思ったのですが、意外な返事が・・・・

「小学校の電気がついてるのは確認出来ていませんでした、ありがとうございます。
ただ、管理人の話では、全ブレーカーが落ちており、地域の集会にも使いませんので、ついてるはずがないのですが・・・少し気味が悪いですね」

という返事・・・((((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

やはりお盆の為せる技なのか・・・
ちなみに近くには、お墓が点在しています

。。゛(ノ><)ノ ヒィ
 
posted by ф 九十七式ヘタレリーマン ф at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月23日

高野山の山奥に山籠りしてきた その3

河原からバンガローを見上げるとこんな感じ。

IMG_1784.JPG



バンガローから下の川を見下ろした風景はこんな感じです。
曇りで写真は余り冴えませんが、逆に曇ってた方がゆっくり川遊びができるので大歓迎です。
山の奥深くなので、8月の盛夏でも夜はエアコンなしでもヒンヤリしますが、さすがに昼に直射日光が当たると余裕で干からびます。。


IMG_1833.JPG



河原の水際まで下がってキャンプ場の全景をパチリ。
テントサイトは客がいないので、これだけの自然をバンガローサイトの4組のファミリーだけで独占です。

IMG_1801.JPG



ちなみにこちらがキャンプ場の案内板
キャンプ場の名前は内緒ですぜ フヒヒww
お知りになりたい人は、「薄毛の人って素敵!」と書き込んで下さい(≧∇≦)b
こっそり教えます。

IMG_1823-1.jpg
posted by ф 九十七式ヘタレリーマン ф at 23:25| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月19日

高野山の山奥に山籠りしてきた その2

バンガロー4棟はさすがに4つともよそ様がいらっしゃったようですが、お盆の真っただ中だというのに、バンガロー真下のテントサイトには、だれも来る気配がありません。

見回りに来た管理人さんに、
「この下の机やベンチはテントサイトの人の場所ですか?」
と聞くと、
「はい、そうですけど空いてますから早い者勝ちでお使い下さい」
という返事・・・w

オフシーズンの寂れたキャンプ場かとw
しかもこれが極上の環境だから嘘みたいw

ちなみに、テントサイトのトイレは水洗で、しかもトイレは男性用トイレ、女性用トイレにセパレートされているのはもちろん、男性用、女性用トイレに各4個室もあり、数も十分で清潔に管理されていて、炊事場の清潔さも今までに見た事がないくらいのレベルです

ファミリーキャンパーにとっては、ここ本当に最高のはずなのに、でも誰もいないw
(^_^;)

IMG_1781.JPG


IMG_1782.JPG


IMG_1821.JPG


IMG_1825.JPG
posted by ф 九十七式ヘタレリーマン ф at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月18日

高野山の山奥に山籠りしてきた その1

高野山の山麓、奈良県の南の山奥に山籠りキャンプしてきますた。

そもそも奈良県の南部は近畿圏の避暑地として、特に夏場は観光客が多く、十津川村や天川村あたりのキャンプ場は、清流天の川が流れている事もあり、半年前からですらキャンプ場の予約が困難な夏休みを過ごすファミリーのメッカです。

私も今年は、5月の連休明けから、お盆に予約を入れようと天川村、十津川村、果ては下北山村のキャンプ場まで空き状況の問い合わせをしましたが、バンガローの予約はもちろん、テントサイトの予約すら取れず、今年のお盆は寝て過ごそうかと思っていたのですが。。

そんな中、「関西 キャンプ場」「奈良 キャンプ場」と言った検索では全く引っかかってこない、高野山麓のキャンプ場で、よさげな所を知人から聞き、ほとんど期待せずに予約の電話を入れたのが5月の末。

「お盆の時期ですか?まだだいぶ先なので、バンガローもテントサイトも、どこも空いてますよ」という応対の女性の声に、「もう3か月前なのにそんな状況・・・こりゃダメだろうな」と、ほとんど期待せずに一応予約を入れて、お盆の時期にキャンプに行ってきましたが。。。

大当たり━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

いやー本当に最高でした。

ネットで晒されてないというのは、こんなにも素晴らしい事なのか。。
清流沿いの、清潔で設備も充実していて、しかもお盆の超絶繁忙期なのに、ほとんど客がいない奇跡のようなキャンプ場を、心行くまで堪能しました。

とりあえず、まずは到着早々バンガローの上からポチり。

IMG_1817.JPG


続いて、川辺に降りて清流をポチり。
川の水は源流が湧き水で、きれいな上にキンキンに冷たく、天然のアマゴやレインボートラウトが泳ぎ回る、画に描いたような美しさです。

IMG_1806.JPG



しかも、子供が遊べる水深数十センチの浅瀬から、大人が飛び込みでも堪能できる水深3mはあろうかという深みまであるので、たまったものじゃありません。
(ノ´∀`*)

IMG_1807.JPG
posted by ф 九十七式ヘタレリーマン ф at 23:05| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月07日

海上保安庁 「巡視船みずほ」 の体験航海に行ってきました その7

さて、無事に日本近海の敵を駆逐した我らが海上保安官。
最後は、悪役さんも含めての、海上でのカーテンコールです。

最初は、裸身に近い状態で悪のしゃちかぜに果敢に挑んだ、近接用ボート(?)の勇者さんです。

カメラの設定を致命的に間違えたせいで、ひどい写真ですが・・・
(NGワード:新潟県B)

IMG_1731-1.JPG



続いて、本日の正義の味方の主役、「すずか」が参りました。
ちなみに、当月下旬には、確か「すずか」の体験航海が募集されていたはずです。

興味のある方はググってみてください。

IMG_1733.JPG



「すずか」の後甲板でなにか踊ってる・・・

IMG_1734.JPG



消防艇がいつの間にかここまで来てました。
本当にカーテンコールお見事です。

IMG_1735.JPG



ここで意表をついて、固定翼機が爆音を鳴らしながら、「みずほ」のすぐ脇を展示飛行していきました。

艦内放送によると、関空常駐の海上保安庁所属機が、たまたま付近をパトロール飛行中だったので、「みずほ」体験航海に併せて大サービスの展示飛行を披露してくれたそうです。

大儲け〜(^^)v

IMG_1737.JPG



はい、後はもう、体育会系海猿どもの悪乗りカーテンコールです(笑)

IMG_1742.JPG


IMG_1743.JPG


IMG_1746.JPG


悪のしゃちかぜが最後に登場です。
しかし、後甲板の海上保安官さんたちは、何をしてるんだこれはww

IMG_1752.JPG



あまりにも自衛隊が総火演や体験航海、体験飛行を当ててくれないので、気まぐれで海上保安庁の体験航海に初めて応募し、参加させてもらいましたが、本当に楽しく、良い経験をさせてもらいました。
子供たちは、早速夏休みの絵日記に「みずほ」のスケッチを描いてたので、良い思い出になったようです。

今までは自衛隊一辺倒でしたが、これからは海上保安庁マニアにもなってみようかなと。。

海上保安官の皆様、日夜厳しく、危険と隣り合わせの任務、本当にお疲れ様です。
/)`・ω・´)
posted by ф 九十七式ヘタレリーマン ф at 00:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月04日

海上保安庁 「巡視船みずほ」 の体験航海に行ってきました その6

ライフル片手に大暴れする、海難防止運動実施中のツンデレ海賊さんたちは、たび重なる警告に反応する事なく、傍若無人に暴れまわります。

ここに至り手始めにまずボートから警告弾が投げ入れられました!

しかしこの海賊さん、全く微動だにしません。
結構な音が出た手榴弾もどきですが、悪の秘密結社にとっては心地よい涼風程度の攻撃のようです。

IMG_1709.JPG



数次にわたる警告に停船しないので、ついに実弾(もちろん空砲です)射撃が開始されました。
ボートでの近接は危険なので、ボートは一端後ろに下がり、いせゆきが最前列に躍り出ます。

警告射撃開始!
ずどどどどどどどどーーーん 。。゛(ノ><)ノ ヒィ

IMG_1716.JPG



さすがに実弾を喰らっては、海賊と言えどもお手上げです。
やはり根はいい奴なのでしょう。
いせゆきの射撃後、いせぎくが近接すると、これ以上迷惑はかけられないと、海賊は白旗を出してきました。

IMG_1721.JPG



と油断してたら、さすがツンデレ海賊w
正義の海上保安官が乗船してきたら、急に悪あがきを始めましたw
狭い船の中を逃げ回り、最後は船首で素手バトルの開始です。

IMG_1723.JPG



しかし弱かった。。
あっけなく取り押さえられ、ただちに身柄を拘束されます。
手前には、拳銃を構える海上保安官がいますが、実際の現場は、きっとこんな風に・・・いや、それ以上に緊張感のある、危険と隣り合わせの職務であることが、否応にも伝わって参ります。

IMG_1727.JPG
 
posted by ф 九十七式ヘタレリーマン ф at 22:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月02日

海上保安庁 「巡視船みずほ」 の体験航海に行ってきました その5

さて、いよいよ訓練のメインイベント。
日本近海を荒らしまわる悪の秘密組織を、正義の海上保安官が粉砕する物語の開始です。

早速一隻の船が高速で逃げ回り、我らが海上保安庁の精鋭が停船命令を高らかに鳴らしながら登場しました。

しかし、さすが悪の秘密結社です。
停船命令などヘノカッパで逃げ回ります。

IMG_1696.JPG



目の前を悪の「しゃちかぜ」が猛スピードで逃げて行きました。
それにしてもこの悪役さん、ノリノリである。

海難防止運動実施中の悪党とは、ツッパリだけど根はいい奴とか、そんなキャラ設定なのでしょうか。

IMG_1697.JPG



遠景でみるとこんな距離感です。
しゃちかぜ一隻の為に、大小巡視船3隻と近接用ボート(?)2隻、ヘリコプターに追跡されるとは、一体しゃちかぜは何をやらかしたのでしょうか
(^_^;)

IMG_1701.JPG



「すずか」から出動したと思われるボート(名前全然わかりません PL68-MIでググっても何も出てこない・・・)が、まずしゃちかぜに近接して、繰り返し停船命令を発します。

IMG_1708.JPG



IMG_1707.JPG



これに腹を立てた悪党が、ついに艦尾からライフルを撃ち始めました。
大変です、非常事態です。
重武装の某国の工作員かもしれません。
一気に、海上に緊張が走ります。

IMG_1713.JPG
 
posted by ф 九十七式ヘタレリーマン ф at 23:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記