2010年08月18日

高野山の山奥に山籠りしてきた その1

高野山の山麓、奈良県の南の山奥に山籠りキャンプしてきますた。

そもそも奈良県の南部は近畿圏の避暑地として、特に夏場は観光客が多く、十津川村や天川村あたりのキャンプ場は、清流天の川が流れている事もあり、半年前からですらキャンプ場の予約が困難な夏休みを過ごすファミリーのメッカです。

私も今年は、5月の連休明けから、お盆に予約を入れようと天川村、十津川村、果ては下北山村のキャンプ場まで空き状況の問い合わせをしましたが、バンガローの予約はもちろん、テントサイトの予約すら取れず、今年のお盆は寝て過ごそうかと思っていたのですが。。

そんな中、「関西 キャンプ場」「奈良 キャンプ場」と言った検索では全く引っかかってこない、高野山麓のキャンプ場で、よさげな所を知人から聞き、ほとんど期待せずに予約の電話を入れたのが5月の末。

「お盆の時期ですか?まだだいぶ先なので、バンガローもテントサイトも、どこも空いてますよ」という応対の女性の声に、「もう3か月前なのにそんな状況・・・こりゃダメだろうな」と、ほとんど期待せずに一応予約を入れて、お盆の時期にキャンプに行ってきましたが。。。

大当たり━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

いやー本当に最高でした。

ネットで晒されてないというのは、こんなにも素晴らしい事なのか。。
清流沿いの、清潔で設備も充実していて、しかもお盆の超絶繁忙期なのに、ほとんど客がいない奇跡のようなキャンプ場を、心行くまで堪能しました。

とりあえず、まずは到着早々バンガローの上からポチり。

IMG_1817.JPG


続いて、川辺に降りて清流をポチり。
川の水は源流が湧き水で、きれいな上にキンキンに冷たく、天然のアマゴやレインボートラウトが泳ぎ回る、画に描いたような美しさです。

IMG_1806.JPG



しかも、子供が遊べる水深数十センチの浅瀬から、大人が飛び込みでも堪能できる水深3mはあろうかという深みまであるので、たまったものじゃありません。
(ノ´∀`*)

IMG_1807.JPG
posted by ф 九十七式ヘタレリーマン ф at 23:05| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記