2010年11月01日

台湾どんだけ親日なんだよワロタw その1

先日、3泊4日で台湾出張に行ってきますた。
台北から台中、高雄、台南と、台湾新幹線の終点から終点までを往復し、たくさんの上場企業の董事長(=会長)、総経理(=社長)とお会いし、台湾ビジネスの最前線で台湾経済を支える人たちとお会いできる希有な機会に恵まれたのですが・・・。

仕事の話はともかくとして、どこの会社でも、想像以上に日本人ビジネスマンと言う事に対して、ちょっとくすぐったいような公私における敬意と歓待を貰いました。

その敬意が、今の私たちに向けられてるものと言うよりは、先人の足跡であり、遺産である事を思うと、今の日本は台湾のエリートビジネスマンからこういう処遇を受ける資格があるのか、というプレッシャーを逆に感じさせられ、背筋を伸ばし、身を引き締める必要性を改めて感じさせられました。

・・・などと固い前ふりはともかく。
いや〜台湾の人たちは本当にあったかいっすw
良い意味でも、悪い意味でも、今後経済が更に成熟してくれば、今の日本みたいになるのかなあ。。
それはそれで悲しいような気がします。

今回は、地元のCPA事務所と証券会社のアテンドで動き、到着の空港から帰国の空港まで誰かがそばにいたので、軽率にはしゃいで写真を取る事が出来る雰囲気ではなく残念でしたが、それでもかろうじて撮った写真を何枚か。

10年ほど前に買った小さなデジカメで、歩きながらの撮影なので画質はカンベン。
いや、本当にカンベン。

新潟B、お前は黙ってろ、喋るな。アク禁にすんぞ (#゚Д゚) プンスコ!


台北の桃園空港に到着し、イミグレに向かう最中。
あー最悪の画質だ。。

CIMG2767.JPG



入国手続きを終えてタクシー乗り場に。
台湾のタクシーはとにかく安いです。
初乗り200円くらいで、高速1時間の距離を乗っても、日本円で3500円程でした。

CIMG2768.JPG
posted by ф 九十七式ヘタレリーマン ф at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記