2010年06月08日

陸上自衛隊第三師団 49周年祭に行ってきますた その9

さて、敵MBT前100mの距離ですが、コブラちゃんによって黙らされた設定なので、何も怖くありません。
恐らく敵要塞も今頃大混乱に陥っている事でしょう。

しかし、有利な戦況に甘んじることなく、この状況でも、本当に必要あるのかと思わずツッコミたくなる、120mm迫撃砲が悠々と設営され始めました。
^^;

・・・どうみてもいじめです。
この迫撃砲、普通科連隊最強の重迫撃砲で、3〜5km程度先の「面」を制圧する為に用いられる兵器ですが、1分間に10発以上の砲弾を発射できます。

この距離なら、恐らく直角に近い仰角で砲弾が雨のように放たれ、要塞付近の敵兵は涙目で逃走する事でしょう・・・

(-∧-;) ナムナム

IMG_1236.JPG

ペグを打つ隊員さんも、余裕の設営です
もうちょっと緊張感を演出して下さい><;

IMG_1239.JPG



しかし、圧倒的有利な戦況でも、敵制圧の手を緩める我らが自衛隊ではありません。

120mm迫撃砲の設営が終わると、今度は横にFH-70(155 mm 榴弾砲)2基を引っ張ってきましたw
100m先の敵戦車を制圧する為に、射程25kmの榴弾砲を発射するという、旧ソ連軍もびっくりの狂気の作戦を展開しますw

恐らく仰角89度で発射しても、敵戦車を軽々と飛び越え、2kmほど西にある阪神競馬場を跡形もなく破壊するような気がいたしますw

IMG_1252.JPG


容赦なくFH−70の砲撃が始まりましたw
余りに凄まじい発射音と地響きで、周りのチビッ子たちは号泣を始め、まさに空襲を受けたような様相になってきました。

しかし、仰角45度程度で発射されたこの榴弾は、おそらく敵MBTと要塞を軽々と飛び越え、神戸空港辺りを破壊しちゃいそうです
><;

IMG_1245.JPG
posted by ф 九十七式ヘタレリーマン ф at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/38829544
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック