2010年11月08日

台湾どんだけ親日なんだよワロタw その4

ところで、今回は都合2往復ほど台湾新幹線に乗り、
「東海道新幹線そのままでワロタw」
という見た目、内装、乗り心地を楽しみましたが、写真を一枚も撮れませんでした。
(´・ω・`)

台湾新幹線の南端の高雄で(駅の名前は左営駅)、「ちょっとトイレ」といって、トイレ帰りに駅ターミナルをこっそり撮影するのが精いっぱいです。
観光で来たわけではないので、お互いがビジネスアテンドの緊張感の中で、なかなかカメラを出してはっちゃけるわけにはいかない、海外出張独特の緊張感です。

とはいえ、日本の技術供与で営業運転されている台湾新幹線は、本当にそのまま東海道新幹線で、彼らの技術を吸収しようとする貪欲さや、なりふり構わない経済発展への思いは、街並みや風景と併せて、恐らく30年前の日本の気質なんだろうなと、日本人が失った貪欲さを感じずにはいられません。

言うまでもない事ですが、アジアの「ものづくり」のセンターとして、コストパフォーマンスでは、もう日本は台湾に勝てないのは明白です。
台湾とは、ものづくりの「ジャンルの住み分け」で、お互いに協力できる関係を築くべきパートナーのような気がいたします。

こちら台湾新幹線左営駅
空港のような活気がある、まだまだ台湾経済が伸びる可能性を感じるショットです。

CIMG2778.JPG
posted by ф 九十七式ヘタレリーマン ф at 23:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
CASIO EX-Z1000
俺のコンデジより新しいじゃねーかw
Posted by 新潟県B at 2010年11月09日 08:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41646172
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック