2007年11月21日

秋山好古陸軍大将について

このブログを見に来て下さっている何人かの人から、秋山好古という人の人物像についてのフィールドワークの成果や、好古大将について書かれた本で、面白いお勧めのものを何か教えてくれというメールを何通か頂きました。

一般には、日本海海戦当時に東郷平八郎を支え、平八郎をして「智謀湧くが如し」と称えられた連合艦隊先任参謀、最終階級は海軍中将の好古の実弟、秋山真之の方が有名で、秋山好古が何をし、どのように生きた人なのかについては、司馬遼太郎の「坂の上の雲」で語られているイメージ以上のものがない、というのが普通の歴史ヲタの限界だと思います。

実際に、秋山好古個人だけを扱って出版された本はほとんどないと思います。
私自身、「日露戦争」という括りで好古が登場する本は数多く見ましたが、秋山好古大将を主人公として書かれた本は以下の二冊しか読んだ事がありません。

秋山好古―明治陸軍屈指の名将 (PHP文庫)

名将秋山好古―鬼謀の人・前線指揮官の生涯 (光人社NF文庫)

どちらも面白く、秋山好古大将の人柄や生き方を知る上で十分楽しめますが、研究書としての目新しさがある、という種類の本ではありません。

好古の幼少時代に始まり、軍人になる前に堺県(現大阪府堺市)で学校教師をしていたこと、その際に、同郷の先輩から勧められて半ば無理やり陸士を受験させられたこと。
さらには、「日本陸軍騎兵の父」と言われる好古がなぜ騎兵科を志したのかの意外な理由などが、わかりやすく簡潔に、面白くまとまっている本です。
ちなみに、当然ではありますが弟の真之についての描写も出てきますので、真之好きにも一読の価値があるかも知れません。

ところで、坂の上の雲から入った人で、より秋山好古や、ほかの将軍、提督を知りたいと思ってアマゾンを検索する人も多いと思いますが、この本だけは買って欲しくない、という強いこだわりを持っているクソ本をひとつ・・・

「坂の上の雲」を101倍堪能する 日露戦争明治人物烈伝

坂の上の雲に出てくる陸海軍の将校を、まるでレストランか何かののように面白おかしく意味不明な尺度で格付けしており、取り上げられている個人は勿論、坂の上の雲の文学性をも冒涜するひどい本であると、思っています。

秋山好古大将ももちろん取り上げられており(表紙の写真は好古大将)、好意的に解釈されていますが、なんせ真に受けてほしくない日露戦争関連最悪の本であるとすら思っています。

買った上で読まずに即焼却処分にするのならお勧めですが、地球環境にも優しくないので、絶版になるのを私ともども一緒に願って頂ければ・・・。
posted by ф 九十七式ヘタレリーマン ф at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 戦史
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/7029407
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック